輸入ビジネスの鉄板!BUYMAを攻略するには?!

投稿日: カテゴリー: 未分類

どうも!くもんです!

いやークリスマス商戦をモノにして売上ががんがんあがっています!
みなさんも物販取り組んでますか!!

今日は物販ビジネスを取り組み始めの方が
ハマりやすい『SALEシーズンの罠』についてちょっと書きます!

そもそもこう物販取り組んでいるといろんなショップから
値上げセール!SALE!SALE!!SAELE!!!のメールが大量に届きます。

SALEと書いてあると、ついつい見てしまうのが、
大半かと思いますが、ここで注目ポイントです!

安い!という単純な理由で出品してはいけませんよ!

 

あなたは罠にかかっていませんか?

物販の基本はなんですか。

売れている商品をリサーチして売ることです。

基本的には


人気商品をリサーチする。

その商品を出品している
他のライバルの状況をチェック

買い付け先探す

出品する

という流れで作業をするのが
実は一番効率よく成果を出す秘訣です。
今日はかなりタメになるなこれはw

「人気商品の選び方」

「買い付け先の探し方」

「適切な出品の仕方」

などなど、
もっと細かく突っ込めるんですが、今回は触れません!w

しかし、この流れを

「ショップでの価格が安い」

という商品リサーチから始めてしまうと、
結局利益をあげるには効率が悪くなり、時間ばかり経ってしまいます。

例えば、

人気商品をリサーチする。

その商品を出品している
他のライバルの状況をチェック

買い付け先探す

出品する

この流れなら、
実は最初の段階、つまり人気商品を選ぶのは
自分基準で決めてしまえば、
まず間違いなくスタートさせることが出来ます。

 

安いという理由で選ぶとどうなるか・

しかし「安いから」という理由で
商品を選ぶところから始めると、

自分で決めた人気商品の基準に
当てはまるものに出会うまでに手間がかかり、

あるいは、その都度あやふやな基準で選んだりして、

結局その次の「買い付け先を探す」までスムーズにいけません。

そして、「安い」と思っていた価格も
実は他のライバルと比較すると安くない
ということがあって、結局振り出しに戻ったりします。

時間が有り余ってるいるなら、
このように攻めるのもナシではありません。

しかし多くの方は、
決してそうではないはずです。

また、この出品までの一連の流れには、
出品したものを「販売する」以外に
自然に身につくものがあります。

それは、

「人気商品とはどんなものか」

「ライバルの出品状況」

「仕入れが出来る買い付け先」

についてどんどん自分のものになっていくのです。

人気商品を把握していって、

またそれらを扱っているライバルたちの

・価格の付け方

・出品方法

・無在庫か有在庫か

・買い付け先がどこなのか

ということを少しずつ把握していくことで、
パーソナルショッパーとしてのレベルは磨かれ、優位性が出てきます。

 

熟練度が増してくると

その習熟度合いが高い人たちは、

セールのお知らせが届いた段階で、

ショップの中をざっと見ただけで、

どの商品がどのくらいの期間で、

いくらくらいで売れるかが分かっているので

躊躇なく在庫を持ってしまいます。

あるいは、ざっと商品見るまでもなく、

「このショップには、確かあの人気商品があった、
それがいくら以下になっていれば買い付けてしまおう」

ということさえ想定しながらメールを開くような
達人レベルの人間すら存在します。

(ここまで出来ている方はごく少数ですが。)

もちろんこの結果、大きな利益を
効率良く生み出せるのは言うまでもないでしょう。

こういった知識と経験を伴う能力は
先程の流れでの作業を
どれだけ丁寧に回数を重ねられたか
ということでしか磨かれません。

すぐに楽々出来るわけではないのです。

『ローマは1日にしてならず』といいますよね。

しかし、この作業を

「ショップでの価格が安い」ところから始めると、

どうしても時間あたりの、この作業の

トライの回数が減ってしまい、

成長の度合いが遅くなってしまうわけです。

効率も悪いし幅も広がらないので、

よほど暇な人か、あるいは、外注さんの手が

かなり余ってる方以外はやらないのが無難だと思います。

目の前を流れる大きなセールの波に、

自分だけ乗り切れず取り残されるような気がして

焦るかもしれませんが、結局セールというのは

半年に一回あります。

もし現時点で、売れ行きを把握している

人気商品がないという場合は、

今回の波には乗れなくても、

次回上手く乗りこなせるように

自分の知識、経験を磨いていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です